気分が乗ってる間にブログ2投稿目行っときましょうかね。
本日、東京ビックサイトで開かれています「ロボデックス」に視察に行ってきました。

きっかけは前回10月5日に幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2017で意気投合してしまった素敵な某ロボット開発会社の方から再度お誘いを受けていたのと
それと、WBSでも見かけ、今朝スッキリでも放送されていた「Hyper-vsn」という近未来のディスプレイ技術が展示されていたからです。

それと忘れちゃいけない、当社のキャッチコピーは「おいしいを科学する」。
ロボットやAIなどの最先端技術を利用して、おいしいを追求していかなければなりません。
情報収集力は当社の一番の強みであり、そのインプットは欠かせない作業。

早速ビックサイトまで自転車を漕いで行って来ました。

途中お腹が空いたので築地に立ち寄って僕の大好きなお店、

築地青空三代目Hafuで限定ランチ本鮪中トロ丼2600円(税抜き)をいただきました。

中トロ生4枚炙り3枚にいくら温玉醤油漬けが入って贅沢な丼です。
ちょいちょいこうやってグルメ情報も織り込んでいきますw

そして到着しましたビックサイト。
事前登録でピッ!

バーコードでの入館。
昔みたいに入り口で10分以上待たされることもなく3秒で終了。
便利な世の中になったもんです。

Androidの受付嬢未来まどかさんにドキドキしながら
話しながら目まで合わされたら、それはもうびっくりですよ。

一般女性の服を着れるそうなので、お店のユニフォームを着せたらそれはもう店員さんですね。
飲食店のレジをそのうち任せられるようになるか!

もう一件、こちらの受付嬢のクオリティーもすごい。

聞くとお値段1000万円、保守料毎月70万円かかるらしいです。
まだまだ、人件費のほうがお安いようで・・・・
日本語・英語・中国語・韓国語と語学も堪能でこの美貌ですから、ある意味安いのかな!?
でもこの価格帯じゃまだまだ一部上場企業の受付ぐらいにしか置けませんね。

興味があれば、僕まで連絡ください。
営業担当ご紹介します(笑)

別にロボットの受付嬢見に行ったわけではなくて、たまたまです。
クオリティーすごかったので紹介させてもらいました。

今回行ってよかった真打ちのロボットがこちら。

東京ロボティクスさんのTorobo。
これ手に包丁とかのアタッチメントつけてもっと開発進めば料理人ロボットになれる、一番近い存在かな。

帰りに通った築地から移転先の豊洲の市場となりの夕日は、とてもきれいでした。