おいしいを科学する

AI(人工知能)オペレーションの開発と導入

  • HOME »
  • »
  • AI(人工知能)オペレーションの開発と導入

AI(人工知能)オペレーションの開発と導入

慢性的な人手不足と言われている外食業界。
そこにはやはり、人手不足となる原因が存在しています。

長時間労働と単純作業。

外食産業ではFLコストと言う言葉があるように、L(laber)コストは通常30%前後と
売上の約3分の1をしめる大きなコストとなっています。

このLコストはかかって当然と諦めてませんか?

機械ができることは機械に行わせる。
例えばじゃがいもの皮むきや、キャベツの千切りなど、通常の業務オペレーションを機械に任せることで大きなコスト削減につながります。
このような皮むき器など10年前では数100万していた機械が今では、10分の1の価格で利用できるようになっており、人の作業を補助し作業効率を高める方法として注目されています。

今では人件費も高くなり、一日この皮むき作業を時給1,200円の従業員に3時間させれば一日3,600円。
1ヶ月(30日)で108,000円
3ヶ月(90日)で324,000円です。

例えば株式会社アストラ社製の最新皮むき器「瞬助」であれば、購入できてしまします。

あなたのお店は3ヶ月で閉店するわけでないので
この後も人件費を毎月108,000円ずつ節約し続けることが可能になります。
このように、現状のオペレーションを解析分析を行って、より効率のよいオペレーションをご提案いたします。

また、これらの作業データの蓄積を行い、一部の接客ロボットに人工知能を利用して学習させることで新たなフリーオペレーションを実現させることが可能になります。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6264-9094 受付時間 10:00 - 19:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Delicious Notes(デリシャスノーツ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.